PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
すべての子どもが大人になれますように。〜グッド・ドクター
1

先週の木曜10時に始まったフジテレビの医療ドラマ『グッド・ドクター』。

シゲ目当てで見ましたが、見て良かった。良いドラマでした。丁寧に、堅実に創られていて。映像もキレイ。


山賢人くん演じる湊は、自閉症でサヴァン症候群で、おにぎりが大好き。

もう、中居のATARUを思い出さずにはいられなかった。感傷ではなく、純粋に懐かしくて。

彼の理解者である院長先生が柄本明さんで、おまけに小児科を廃止するかどうかという話は木村のアライフを思い出した。

小児外科…外科医と保育士も兼ねるようなモノなんだろうな…。激務であろうことが想像出来る。上野樹里ちゃん演じる瀬戸先生は、忙しくて、お昼のカップめんを食べるのもままならなかったし。

小児外科医は高いコミュニケーション能力が必要だと高山先生(藤木直人さん。優秀で、他人にも自分にも厳しい…イイ役!)が言ってたけど、それは理解出来る。

病状の説明をするのも、子どもと親御さんでは言葉の選び方も気を遣うだろうから。

瀬戸先生も、まだ執刀出来ない。小児外科医として一人前ではないという葛藤があって、そんな中で湊くんの面倒を見るのを任せられて。彼女の成長も楽しみ。


シゲの演じる間宮先生は…どちらかいうと、コメディ班的な役だけど、決してやり過ぎた演技ではなかったし、最初のシーンから出ていて、出番も多かったのが嬉しかった(^_^)

正直、またこのテの役か…と思ってたんだけど、これなら大丈夫。←何様

出世と保身が第一(公式サイトより)で見事に人望が無い役なんだけど、なんか憎めないんだよね〜。


あと、小児外科の廃止を提案しつつ、高山先生の恋人でもあるため、どうにも複雑な心境である理事長(中村ゆりさん)や、

理事長に接近し、人当たりが良さそうでもイマイチ何を考えているのかわからない副院長(板尾創路さん)と、いろんな人物が出て来るけど、根っからの悪人は登場しない感じです。今のところ。

副院長も何かしらの事情や信念がありそうだし…。


湊くんは一度読んだだけで暗記出来るような驚異的な記憶力で、

(医大は首席で卒業)

(ウルトラマンの絵を描くのも得意)

確かに、いわゆるデリカシーの無い発言で周囲の医師や親御さんを困惑させたり、怒らせたりはしてしまうけど、

反面、多くの人が見落としがちな、重視しないような事実もしっかり見つめているので、

(初回だと七夕の短冊とか)

子どもの心をとらえてしまうんだよね。

鋭い洞察力で間一髪、子どもの命を救うことも出来たし。

もちろん、高山先生による手術のおかげでもあるけれど。


「すべての子どもが大人になれますように」

…湊くんの切なる願い。

おそらく、これからもずっと子どものままであろう彼が願っていると考えると、なんとも言えなくなる。


…今夜の第2話も楽しみです。

posted by: アセロラ | テレビ | 21:06 | comments(0) | - | - | - |
7月は、めざましげ!
0

    先月末のこと、7/4〜シゲがめざましテレビの7月のマンスリーエンタメプレゼンターを務めることが発表されました!\(^o^)/

    詳しくはコチラ↓

    http://www.oricon.co.jp/news/2114566/full/?utm_source=Twitter&utm_medium=social&ref_cd=tw

     

    それについての本人のダイアリー↓

    http://www.office-cue.com/diary/contents_view.php?id=13075

     

    というワケで、録画したモノを見ました(・∀・)←朝早く起きられない人

     

    遅刻の伝説が多過ぎるシゲ、自分がちゃんと起きて行っている証拠としてw

    メイク中のフォトダイを更新してくれるなんて、優しい。頭イイ^^

    リンパマッサージって、やっぱり、効くんだね〜。←

    毎回4時起きか…。お疲れさま。

     

    本番では相当緊張してたけど、良かったんじゃない?(*^_^*)

    自分では20点だって言ってたけど、頑張ったね、シゲ。

    スーツ姿だし、なんだか、外部の会社から派遣されて来たような感じだったけどwww

    VTRの振りも力が入り過ぎてて、笑っちゃったけどwww

    相変わらずの美肌で、声も滑舌も良くて。

    毒のさじ加減もほど良かったと思うw

    自分のことを「相対的イケメン」って、いろんな所で言ってるよね。

    そういう客観的な視点、好き。←

    でも、相対的じゃなくて、絶対的だよ?←

     

    それはそうと、共演者の皆様も、イイ所で話題をちょいちょい振ってくださって、感謝!

    軽部さんと並んで、顔の大きさが比べられてるのが、なんだかモリを思い出したしw 

    シゲと『ジェネラル・ルージュの凱旋』で共演して以来、親交のある西島秀俊さんからのコメントも嬉しかった。

    ブラックスーツで、瞳がシゲみたいにキラキラ!(*´∀`)←

    会見でペンギンのイリュージョンを全力でやってたりw

    (竹中直人さんのツッコミ、ナイスw)

    シゲが暴露したご自宅のハンモックの話だったり、

    なるほど、それはシゲと気が合うわ(  ̄▽ ̄)←

    シゲはジェネラル会の連絡網担当だそうで。

    シゲ自身も忙しくなっちゃったから、みんなのスケジュール合わせるのも大変なんだろうな…。

     

    シゲの紹介VTRで、NACSのイケメン担当なのに、

    ファンからは"ミスター残念"と呼ばれている、ちゃんと早起き出来るのか遅刻するんじゃないのかと心配されている…etc.

    と触れられていたのは、番組側の優しさかな〜と。

    こうして最初に取り上げておけば、万が一の事があっても← 視聴者は納得するだろうし、

    (本当かよw)

    本人も遅刻しにくくなるだろうしwww

     

    …個人的には、彼が残念というフィルターでしか見られていないのがウンザリなので、

    (あと、変に子供扱いするのも、どーかと…)

    ツイッターで彼のそうじゃない魅力を語ってたりするんですが。

    なので、シゲファンの通称は"子残念"なんですけど、自称してなかったり。

    普通に子残念を名乗ってる方が嫌なのではなくて、

    あくまで自分のポリシーとしての話なんですけどね。人は人、自分は自分(by中居←)

     

    あ、シゲ、写真集出して(  ̄▽ ̄)←

    『昼のセント酒』の時、あの『anan』で入浴シーン晒してたやん!←

     

    あと、何故HTBは2003年のハナタレの映像を貸したんだろうかw 

    2003年版NACSの超強火ヲタだから、嬉しかったけど。←

    今は無きニセコの土地がしっかり映ってたし…。←

    あとは、本公演代表の『悪童』

    フジテレビ代表として2007年に出演した『ガリレオ』

    最近のお仕事として大先生と共演した『恋は雨上がりのように』

    そして、7/12(木)から始まるドラマ『グッド・ドクター』か。ふむふむ。

     

    タイミング的に、ワールドカップネタが多かったのも、わたしは楽しめました。

    長谷部の引退と麻也ちゃんの男泣き…。

    本田さんの「世界に出ろ」というメッセージは、本当に、らしい。

    次回のカタールも目指すという長友、パワフルだな〜。

    柴崎くん、イケメンなので、ついつい目で追っちゃう選手だったけど、

    このあいだ漫画家の西炯子先生が「鈴井貴之に似ている」旨のツイートをされていたので、

    ひょっとしたら、無意識に似てると思ってたから、好きだったのかとw

    (その後、鈴井会長自身が柴崎くんに触れたツイートしてたのは笑ったw)

    (わたしも西先生に影響されたのか、確かに目元が似てる…と思うようになってしまったwww)

     

    そうそう(・∀・)シゲは小学校時代、フットサルで全国大会行ってるんだよね〜。

    「サッカーに限らず、全てのスポーツそうだと思うんですけど、

     まず、選手たちって、子供の頃からずっとこう、いろんな物を犠牲にして、ガマンして、

     で、その中でも一握りの人間があそこに立てるわけじゃないですか。

     ですから、どんな結果であれ、我々はやっぱり尊敬の念と共に称賛してあげたい、

     お疲れさまって言ってあげたいなと思います」

    うんうん、ホントにそう。

     

    サッカー選手の奥様方による栄養管理は面白かったな〜。何を食べれば疲れが取れやすいとか、興味があるので。

    小窓のシゲも興味深そうだった。彼にも、こんな風に考えて食事をとってもらいたいわ〜。

    ただ、炭水化物を控えるだけじゃなくて。

    甘酒スムージー。モリは、あぐり王国で豚の生姜焼きを作る時は甘酒を使うという話をしてたのを思い出した。←

    吾郎のラジオでも甘酒の特集してたよね〜♪

     

    トム・クルーズの高度7620mからのスカイダイビング!56歳なのね〜。

    「同じ俳優として〜」と括られることに慌てるシゲwww

     

    きょうのわんこ、ツイッターでどなたかもつぶやいてたけど、

    シゲへのドッキリ的に北海道赤平市在住の犬おじさん(犬5匹と生活)も出演して欲しいw 

     

    7:58のめざましジャンケン、シゲ、気合でグーを出してたwww

     

    占いでは、シゲのさそり座が1位w

    なんてタイミングの良いwww

    初回にふさわしい、キレイな終わり方でしたね(  ̄▽ ̄)←

     

    あと3回、楽しみがある\(^o^)/

    日付変わって、今日も期待♪

     

     

    …最後に、記念として(何のだよw)娘さんに起こされて早朝から見たという大先生と、

    それに応えるシゲのダイアリーを貼り付けておきますw

    大先生、凄いよ。わたし、これ読むまで、最終週のみ火曜日の出演って、わからなかったもん…w

     

    http://www.office-cue.com/diary/contents_view.php?id=13076

     

    http://www.office-cue.com/diary/contents_view.php?id=13077

    posted by: アセロラ | テレビ | 01:14 | comments(0) | - | - | - |
    ななにー再放送。
    0

      4/1に本放送だったAbema TVの『新しい別の窓』(通称ななにー←7.2時間番組なので)の再放送を昨日の17時から見ました。

      といっても、ゆずと共演した部分だけですが。本放送は見てなかったので、色々な方のレポを拝見して、そこだけでも…と。トータルで1時間30分ぐらいかな?とても良かったです。夕食の支度をしながら見てました(笑)


      ゆずといえば…のデビュー曲にして名曲「夏色」から横浜の港で生ライヴスタート。ゆーじんが曲を中断してキレるお約束にとまどう3人www


      「いつか」を歌い終わった後の慎吾の感慨深そうな表情が良かった。

      剛、ギターを弾けて良かったね♪

      これも初期の曲ですが、秋冬の物悲しさと温かさが伝わってきて、大好き。


      タッタンバリン、可愛いw

      会場に集まったNAKAMA(←新しい地図のファンね)のみんなもタッタンバリンを片手に、吾郎と剛と慎吾と一緒に振り付けのレクチャーを受ける。そして、ゆずっこの皆様と楽しく踊る♪

      この曲で久しぶりに踊った3人。めちゃイケで中居に元気をくれて、久しぶりに踊らせてくれた「タッタ」で。

      ゆーじん、中居の名前を出してくれて、本当にありがとう〜!


      それから車に乗って移動。ゆーじんもつい最近インスタを始めたんだとか。バリバリSNSを使いこなしてるイメージだったので、ちょっと意外。対する岩沢くんはSNSは一切やってないそうで、好対照コンビだね。

      他に、慎吾とゆずといえば…という例の横浜の小学校時代の体育大会での遭遇エピソードも。

      そして、ゆーじんがガチで月イチで通っているという、みなとみらいにあるお気に入りの場所へ。

      吾郎とゆーじん、太鼓の達人で勝負するも、設定ミスでベストカップルにw

      ある意味、結果オーライ?w←

      ゆーじんのインスタで吾郎とふたりでハグしてて、可愛かったw 


      横浜の夜景と大きな観覧車をバックに、

      足湯で温まりながらのトーク。

      ゆーじんのコート、可愛い♪

      足湯で濡れちゃったけど(笑) 

      そして、3人へ「栄光の架橋」の弾き語りのプレゼント。心がこもった歌。嬉しいね。


      去年の紅白でゆずが務めた大トリについても、先輩であるSMAPに敬意を表してくれて、ありがたかった。

      いや〜、素敵な共演でした。楽しかったな〜。


      元々ゆずが好きで中居ヲタでもあるからか、SMAPとゆずの組み合わせが大好きで、共演するといえばチェックし、見逃したor聴き逃した番組はレポを読んだりと10年ぐらい追いかけてきたんですが、

      (ビストロSMAPにゆーじんが堀北真希ちゃんと月9の番宣で来たのが懐かしい)

      (中居×ゆずはもちろん、慎吾×ゆずの横浜同級生トリオも好きだよ〜)

      今回は2組の共演の集大成のように感じました。去年スマステに出演した時のスマタイで、

      ゆーじん「最近はあまり歌われていないかもしれないので、 もし僕らでよければ、また一緒に横浜の歌でも歌える機会があったらいいな、と思います」

      岩沢くん「ぜひ、実現できたらいいですね」


      …しっかり、有言実行してくれたんだなと思った。本当に優しい人たちだ。番組の最初からずっと3人に気を遣ってくれて…。感謝。


      ありがとね〜、ゆず(*^_^*)

      SMAPも、新しい地図の3人も、

      そして、ゆずっこの皆様にもすっかり認められてるw中居のことも、

      引き続きよろしくね(笑)

      posted by: アセロラ | テレビ | 11:52 | comments(0) | - | - | - |
      もう「ありがとう」と「幸せ」ばっかり。
      1

      ツイッターで↓のお花が話題になって以来、

      (画像は東京で自分で撮ってきたモノですw )

      (てか、実はそれ以前から出るかもしれないという情報は入っていたんですが)

      早く公式発表出ないかと待ち望んでいましたが、

      ついに来ましたよ!


      金スマ2時間スペシャル、TEAM NACS出演!!\(^o^)/

      発表されたのはタクちゃんのお誕生日の前日…3/20だったんですが、その後は見事に何も手につかなかったですね(苦笑)幸せ過ぎて。

      夕食の用意と片付けと…お風呂沸かしたぐらい。

      (最低限過ぎる)

      ツイッターで同士の皆様と喜びを共有し合えたのも嬉しかったです。

      もう「ありがとう」と「幸せ」しかつぶやいてなかったようなwww

      上の画像の花を一緒に目撃し、観劇させていただいたフォロワーさんともLINEで大興奮w

      夢って、かなうんですね…。←

       

      ネットニュースはコチラ↓

      http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201803201700.html

       

      http://mdpr.jp/news/detail/1754320

       

      これらを読む限り、かなりしっかりした特集のようで期待してます!

      (洋ちゃんが東京進出したのは2003年じゃなくて2005年だとか、

      そもそも2003年は札幌での人気が絶頂期で冠番組も始まったんだが…とか、

      シゲが『1リットルの涙』でブレイク…う〜ん…確かに全国連ドラデビューではあるけどさ…とか、長年のファンならではの文句もありますが←)

      そして、洋ちゃんからのリーダー論の逆質問…。中居の隣にはモリが座ってるみたいだし、嬉しい…。

      よく聞いてくれたね、洋ちゃん…。流石、SMAPファン(笑)

       

      カットされてるかもしれないけど、中居もSMAPの話をしたのかな…。

      ひょっとしたら「今はピン」だとか、自虐ネタを言ったりしたのかな。

      NACS5人の中で中居の寂しさや哀しみ、グループを失った痛みを一番理解できるのは、

      同じリーダーであるモリだよね、絶対。

       

      正直、今の中居やスマヲタさんにとっては、ある意味酷な特集なのかもしれませんが、

      (解散の危機だの、5人だの…)

      純粋に彼らの舞台や魅力を知ってもらえるのは、本当に嬉しいです。

      昔ならこのテの特集は完全なるフィーチャーリング大泉洋だったけど、

      今回は国王様の視点もメインになってきそうだから、より奥行きのある番組になってそうだし。

       

      ナックスマヲタの重層フィルターだと自分でもわかってるけど、

      この特集、金スマスタッフからの中居へのエールのような気もする…。

      NACSがいったん解散して、

      (元々解散前提の旗揚げだったのです)

      その後再結成して現在に至るという事実が触れられてたら良いな…。

      中居にぜひ、知って欲しい…。

      いや、待てよ。この特集にあたって、中居も予習として色々な資料に目を通しただろうから、知ってるのか?

      そもそも、何の資料を見たんだ〜!!

      (妄想が暴走www)

       

      というわけで、

      明日3/23(金)20:57〜の2時間スペシャル、

      ぜひ、ご覧くださ〜い♪\(^o^)/←

      posted by: アセロラ | テレビ | 21:04 | comments(0) | - | - | - |
      生きるための盾。〜BG身辺警護人〜
      1

      第1話、見ました。

      ツイッターで実況するという文化を知らない

      (テレビを見ながら携帯をいじっていると「どっちかにしろ」と言われる)

      父と一緒に見ているため、実況こそ出来ないものの、逆にじっくり見ることが出来てるかなぁと。

      気づいたこと感じたことは放送後ツイートしているので、自分のための記録を兼ねて、こちらにまとめておきます。

      ツイッターをそのまま貼り付けられればイイのだけれど…、やり方がわからない…。←

       

      ●警察とは違い、拳銃を持たない民間のボディガード。丸腰だからこそ出来ること。

       クライアントはもちろん、盾になる自分達も生きること。それらを大切にしている主人公なんだなと。

       

      ●島崎さん(木村)の息子・瞬くん。再婚したお母さんの家に居づらいらしく、なんだかんだ言いながらも、お父さんの家にいるのが微笑ましい^^

       島崎さんが警護していたサッカー選手のサインといい、スマホカバーといい、サッカー好き?

       

      ●冒頭の生卵のスーパーセーブは、流石、木村拓哉。一気に引き込まれた。

       

      ●↑の後、何らかのミスをしたらしく、それによりボディガードをやめていた島崎さんを工事現場の警備員として拾ってくれた永島敏行さん演じる日ノ出警備保障の社長。

       ちょっと衝撃的だった車椅子の姿は、名誉の負傷…なんだろうか。

       

      ●6年のブランクに自信が無くても、やると決めたら、しっかり自主トレに励む島崎。

       公園の鉄棒も、神社の階段も、立派なトレーニングツールになる。

       彼が着ていたパーカーには“carpe diem”=“今という時を大切に使え”。

       

      ●上川隆也さん演じる身辺警護課の課長さんは、自分で言うようなダメ警察官では絶対なかっただろうなと思ってたら、やはり。

       稽古の段階から迫真の演技だもんねwww

       

      ●斎藤工演じる高梨は、元自衛官。死ぬ覚悟で任務についているのかと思いきや、島崎に実は内心怖いのではないかと見抜かれる。

       図星だったのかどうか、あんなにやる気だったのに、今回の仕事は降りることに。

       島崎が新人じゃなかったのが、しっかりバレちゃったね(笑)

       

      ●上川さん、木村、斎藤工、奈々緒、間宮祥太朗くん。

       (役名じゃなくてスマソ)

       アラフィフ、アラフォー、アラサーと世代的にバランスが良い。

       今後の個々の活躍も楽しみ。

       

      ●石田ゆり子さん演じる失言大臣は、賢くない感じ。あの記者とは、どっちもどっちのような。

       辞任しなさそうなところを見ると、また物語に絡んでくるのだろうか。

       木村とは『人生は上々だ』以来の共演になるのかな?

       あの時はアウトローとヴァイオリンが得意なお嬢様だったね^^

       

      ●次回ゲストは、大塚寧々さん!『HERO』以来!\(^o^)/

       

      ●あの記者、次長課長の井上さんに雰囲気が似てた。←

       やってしまった事は置いておいて、皆、彼のようにフェアな記事を書いてくれれば良いのに。

       

      以上です。良かった、今夜の第2話に間に合った…(^_^;)

      posted by: アセロラ | テレビ | 16:17 | comments(0) | - | - | - |
      祭のお知らせ♪
      0

        ギリギリになってしまいましたが、お知らせです(・∀・)

        明日11/10(金)深夜0:50から
        (地域によって放送日は違いますが)
        (北海道も遅れ放送です)
        安田顕さんが『「ぷっ」すま』のゲーム企画に出演します\(^O^)/
        たぶん、舞台『スマートモテリーマン講座』の宣伝かと。

        前後編らしいので、翌週も出演みたいですね♪

        剛と国王様…『嘘の戦争』以来の共演になりますね(^-^)
        2人ともゲームのCMにも出演してますし。

        公式の予告編はコチラ↓

        『ぷっ』すま 11月10日(金)深夜0時50分放送

        なんともゆるそう…w
        国王様、ドラクエCM出演時のインタビューで、ゲームは子供の頃お兄様がプレイしている姿を後ろで見ていたと語っていましたが、だとしたら、ちゃんと出来るんだろうかw

        ゲームといえば、スマステでしんつよがゲーム対決してたのを思い出します。あの時、きむら出演のあの有名なマザー2のCMが流れていましたが、アレ、大好きでした( ̄∀ ̄)←


        国王様…剛はめでたくネット解禁したから、フォトダイにツーショットを上げちゃってもイイのよ?( ̄∀ ̄)←

        posted by: アセロラ | テレビ | 17:25 | comments(0) | - | - | - |
        8月31日の夜に。〜ハートネットTV〜
        0
          さて、ひとつ前の記事でちょこっと触れたEテレ『ハートネットTV』についてです。進行役の千原ジュニアが好きなのと、テーマが気になって見てみました。10時代とネット番組は見なかったので、8時代だけの感想ですが、ここに書いておきます。

          テーマは「8月31日の夜に」。
          新学期が始まる翌日、9月1日に自殺する十代の子が多いのだそうです。
          ジュニアも元ひきこもりなので、今の悩める少年少女達の気持ちがわかるのか、最初出て来た時に凄く優しい表情をしていて、泣きそうになりました(>_<)←痛

          ジュニアの他に、淡々と真摯に語る栗原類くんも、語り手であるお月様役のしょこたんの優しい声も良かったです^^

          まるでプラネタリウムのような場所で出演者のバックに次々と映し出される正直な胸の内を綴った文章。
          番組ディレクターが取材した3人の声。
          それぞれの仮名が「夏の大三角形」を形作る星の名前でした。アルタイル、ベガ、デネブ。夜空の星のようにひとりひとりが光を放って欲しい=生きて欲しい。という番組側の願いなのか。

          今がつらいと、明るい未来をなかなか描きにくいものですが、オトナになったら楽しい事も多いしね。学校にも行かなくて済むし、学生時代と違ってその気があれば本当に勉強したい事を学べるし。働きながらでも。

          昔、江國香織さんがベネッセのインタビューで
          「大人の方が楽しいです。早く大人になってください」
          と読者にメッセージを送っていましたが、30過ぎた今、その言葉がよくわかるようになりました。

          十代の頃よりは感受性も鈍くなっただろうし、純粋さは失われただろうけど、その分、生きやすくなったし。
          鈍くなったとはいっても、年齢を重ねてきたゆえの新たな感性もあるしね。経験してきたからこそわかる事も沢山ある。それは悪い事ばかりじゃない。
          歳をとると涙もろくなるのが、その証ですよね。

          だからなんとか、死ぬくらいなら学校なんか行かなくても良いので、なんとか生きていって欲しいです。逃げ上等。

          学校に行かない。というのも勇気ある選択ですよね。
          今なら昔よりその辺の理解も広がっているし、情報も多いし、システムも整ってきてるだろうし。もちろん、地域差や家庭によっても違うと思いますが。

          わたしは学校行かないと試験だの進路だの後々面倒くさいだろうな〜と思って、いじめられても、突然ハブられても、死にたくなっても、なんとか行ってたタイプなので(^_^;)

          今だったら、自分の目の前で(本当に自分の目の前だった)自意識過剰でも何でも無く、友達と思っていた女子に明らかに自分の悪口を言われて笑われたら、勇気を出して
          「あんたら、群れないと何も出来ないんだね。」
          とか何とか言って、その場を去り、翌日から学校に行かないと決める事が出来るのだろうか。

          親が起こしに来てもずっと布団をかぶって無言の抵抗をし、粘り勝ちする事が出来るだろうか。

          皆が学校に行ってる時間に堂々と外へ出て、図書館に行って勉強(は、しないかも←)や読書をしたり出来るだろうか。

          …難しいかな(^_^;)

          学校って、グループで行動したり作業するのが多いけど、コレがしんどいんだよね。クラスに友達がいない子はグループを組む子を探すなんて苦行でしかないし、友達がいても昨日は友達でも今日は仲間外れになる可能性なんて大アリだし。ぶっちゃけ、わたしは3人組でいた時は仲間外れされるのも、するのもあったけどね(^_^;)奇数って怖いね〜。いや、女子が怖い。てか、人間が怖い。

          今のように学校裏サイトやLINEが無い時代でも、スクールカーストという言葉が一般化してなくても、学校は戦場でした。

          番組を見ていて、他にも自分の学生時代を色々思い出しました。今は、特に何があったわけでも無いし、家族に愛されてるのもわかっているけど、どこか孤独で死にたい…という子もいるみたいですね。

          わたしの場合は家族が支えになってたし、母親とはSMAPから昔のハリウッド映画(高校時代は母親と一緒にBSで沢山観てました)、スピリチュアルな事までなんでも語り合えたし、やっぱりSMAPに元気をもらってたし、ラルクが癒やしになってました。学校以外で自分がラクに呼吸出来る居場所があったから救われてたかな。「場所」じゃなくてもイイんだよね。趣味でも本の中でもゲームやネットの世界でも。そこがシェルターになり、現実と向き合うエネルギーをチャージ出来るから。

          学校から帰ったら、おやつ持ってテレビのある親の寝室に引っ込んで録画を繰り返し見るという生活でしたw
          (今と変わらないwww)

          親の寝室には大きい本棚があったので、片っ端から年相応ではない(苦笑)本を読んでたのも、今の自分の原点になってると思います。
          なので、読書は大好きだけど、いわゆる文学少女が通ってきそうな本は読んでこなかったり(^_^;)
          漫画ばっかり読んでいた(実際はそうでもなかったんだけど)のを見かねた母親が青い鳥文庫(芥川龍之介の短編集とか旧約聖書を子供向けに書き下ろした本とか)やポリアンナやヘレン・ケラーの伝記なんかを買ってきた事もありましたね〜。

          あと、ありがたい事に、色々ありつつもその時その時に友達はいたし、良い先生がいる塾に通えたのも大きかったです。

          塾な〜…最初の塾でも途中からターゲットにされてたな…。先生が板書をしていて見えない所で陰口や意地の悪い笑いの攻撃をしてくるんだよね…。今思えば、塾なんだし、その時点でやめれば良かったんだよな(^_^;)何を我慢して通ってたんだか…。変なところ真面目だったのか。そう、番組を見ていても感じたけど、悩んで悩んで自分を死にまで追いつめちゃう子って、真面目な子が多いんだよね。

          ただでさえ地元は田舎の典型で排他的だし、わたしが知らない他校の男子や女子でも何故かこっちの事を知ってたので、
          (別に親が有名人でも、自分が悪さをしてたわけでも、逆に優秀だったワケでも無いのに←むしろ、目立つのが嫌で避けてた)
          ホントしんどかったです。どこにいても、自分は異分子になってしまう。

          まぁ、スマヲタ内でもマイノリティなんですが(^^ゞ←

          みんなが普通に出来る事が自分にはなかなか出来ないのもつらかったなぁ…。“見て覚える”って、人によってはとんでもなく難しい事なんですよね。記憶しにくいから、当然手先や体で再現しにくい。そして、皆から遅れてしまう。居づらくなる…悪循環。

          なので、今は違うけど、昔は地元が大嫌いでした。だから、札幌が大好きというのもあるのかな。都会だと誰もこっちを気にしないから、居心地良かったし。そういう意味では、20代の短期間過ごした東京も嫌いじゃなかったです。街によって全然個性が違うのが楽しいし。生活空間はそんなに都会ではなかったんですが。

          ただテレビの感想を書くはずが、なんだか自分自身の黒歴史にまで遡ってしまいました(汗笑)
          読みにくい&超長文ですみません(^_^;)

          ひとりでも多くの子が、
          「あの時死ななくて良かった。生きてきて良かったな」
          と思える人生を送れますように。
          posted by: アセロラ | テレビ | 00:48 | comments(0) | - | - | - |
          祝!ゴロデラ放送継続\(^O^)/and more...
          0

            8/30に大好きなブックトークバラエティ『ゴロウ・デラックス』が放送継続されるとTBSから正式に発表されました\(^O^)/

            詳しくはコチラ(・∀・)っ【マイナビニュース

            実は、ちょうど公式に継続と全国放送の要望を書いてきた後にその発表を知ったので、嬉しかったです(^w^)
            やっぱり行動すると、状況が変わりますね〜♪

            ゴロデラを「良質な番組」「本当にいい番組だと思っている」。
            吾郎を「非常に才能のある方」。
            嬉しいですね。ありがとう、TBS\(^O^)/
            今後も末永く続きますように。
            そして、念願の全国放送を!(`∇´ゞ

            しかし、その継続発表と同じ日に放送された『V6の愛なんだ2017』の番組クォリティを見ると、TBSは今本当に順調なんだなとしみじみ思いましたね…。近年ドラマが絶好調で、
            (JIN,半沢、天皇の料理番、下町ロケット、逃げ恥、カルテット…etc.)
            局内にも余裕があるから良い選択をしやすいんだろうなと。視聴者の要望にも耳を傾けやすいというか。
            一般人も調子が良いと人に優しくしやすいのと同じなんだと思う。テレビ局も。

            そういう意味では、何年か前のフジテレビは気の毒過ぎましたが、
            (自業自得な面も多々あれど)
            (何をやっても叩かれるので、すっかり自信を無くして落ちていってしまった印象)
            今少しずつ息を吹き返しつつあるので、長い目で見守りたいです。
            毎年お正月にNHKでやってる『新春テレビ放談』でも、
            「フジテレビが元気にならないと…」
            という話になってたので。
            (出演者の話では、とあるキー局関係者もそんな事を言ってたのだとか)

            フジテレビの申し子であるSMAP。なんとなく、彼らの再始動とフジの復活がリンクする予感。

            それにしても、愛なんだは素敵な番組でしたな〜。大好きだった『学校へ行こう!』のスタッフ制作で、2年前の復活特番も最高だったので期待していましたが、もう期待を全く裏切らない楽しさでした。
            学生さん達も、島から東京にやって来た子供達も皆ピュアなんですよね(^-^)彼ら彼女らがV6登場に驚き、キャーキャー騒いだり、時には泣いちゃってたりする姿は、昔も今も微笑ましいです(^-^)

            男子校と女子校の交換留学は楽し過ぎたwww1泊2日という短さもイイんだよね〜。楽しさが凝縮されてて。
            ミュージカルスター・坂本くんが降臨したミュージカル部の公演も良かったし^^

            屋上から思いの丈を叫ぶ「未成年の主張」は、もう鉄板ですよね(^-^)
            デクちゃん慎吾のドラマ『未成年』でも使われていたカーペンターズは神過ぎます…。「青春の輝き」最高。

            あと、自由なお兄さん達にイジられまくってる岡田くんを見ると、どこのグループも末っ子は似たような扱いなんだなと思いました( ̄∀ ̄)←
            イノッチは終始熱かったしw

            そして、昨夜の話ですが、サッカー日本代表、おめでとう\(^O^)/若手の活躍が嬉しかったです。

            その後見た『アメトーーク!』の千原兄弟、最高でしたわ( ̄∀ ̄)せいじ兄と中川家の剛さんの兄貴飲み会、普通にイイ話になってるしwww2人とも、ガチでヤバかったw弟をお笑いの世界に誘ったイイお兄ちゃんだよね^^

            弟のジュニアはその前にEテレの『ハートネットTV』にも出てました。
            (どんだけテレビ見てたんだよ昨夜w)
            これについては次の記事にて(・∀・)っ【NEXT】

            posted by: アセロラ | テレビ | 23:58 | comments(0) | - | - | - |
            祝・放送決定!
            0

              毎年夏にフジテレビで放送している、吾郎がナビゲーターを務める『ほんとにあった怖い話』(略して「ほん怖」)。
              ありがたい事に、今年も放送が決定しました\(^O^)/感謝感謝♪

              8月19日(土)放送です。
              詳しくはコチラ(・∀・)↓
              とれたてフジテレビ

              その中のオムニバスドラマの一編に、最近ほんとに大好きなNEWSの手越が初出演(≧∇≦)

              (『音楽の日』の「U R not alone」の素晴らしいパフォーマンスに感動し、本格的に沼落ちしかけてる今日この頃←)

              (その前に歌った「希望〜Yell〜」のイントロの時、中居をクルッと回らせてくれて、小山くん、ありがとう(^-^))

              この状況で吾郎の番組をやってくれるのも嬉しいし、
              事務所の後輩(しかもほとんど絡んでこなかった後輩)が出てくれるのも嬉しい。
              それがNEWSの手越なのも嬉しい(^w^)←

              手越の演技、昔見た『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』の桜ナントカ以来かもしれない自分…(^_^;)
              今回は普段の彼の明るいイメージとは真逆の役のようで、それもまた楽しみです^^

              ホラーは苦手なんですが、頑張って見ま〜す♪
              ありがとう、フジテレビ。
              ありがとう、関係各所様\(^O^)/

              posted by: アセロラ | テレビ | 17:14 | comments(0) | - | - | - |
              SONGS〜歌は徳永さん、語りはシゲ〜
              0

                7/20 NHKの『SONGS』徳永英明さんの回を見ました。
                そして、シゲのナレーションを聴きました。

                シゲのナレーションは大好物なので、
                (内省的なトーンがたまらんのです←)
                ちょっとギリギリに公式から発表があったので、びっくりしつつも、
                (だってオファーの理由が謎なんだもん・笑)
                楽しみにしていたのですが。

                声には、その人の情報が漏れなく詰め込まれているというのが自説なんですが、
                (コレに気づいたのは、ラルクのhyde以外のメンバー3人がそれぞれヴォーカルをとったある曲を聴いた時)
                それをしみじみと感じさせるナレーションでした。

                まず、シゲは歌みたいにナレーションも声を変えてくるんだな!と(笑)言われないと、シゲってわからないぐらいでした。

                ※NACSメンバーで同じく歌が上手な洋ちゃんとタクちゃん(祝・『検察側の罪人』出演←)がほぼそのままの声で歌い上げるのとは対照的に、シゲは曲によって声がホントに違うんです。まるでその曲を歌う歌手の役を演じているような…。器用で表現力が豊かだからこそ出来る事なんだと思います。

                そして、とても丁寧に決して目立たずに、誠実に仕事をこなしていた感じ。ものすごい気遣い屋で優しい性格が出てましたよ…。
                5人組のNo.3であり、キャラ的に吾郎のような中間管理職ではないけれど(笑)上2人の中にも下2人の中にもスッと入れるバランサー。
                (『NACS HOLIC』で他のメンバーが隣のメンバーの肩に手を置いてる中、真ん中のシゲだけ腕組みをしているのが象徴的で大好きです)

                この彼の良さが次に繋がりますように。

                たぶん、ドラマや映画のナレーションだと、芝居っ気が入って、もっと印象が強くなるんだろうなと。
                でも、主役は、あくまで徳永さんだから。彼を前面に出さなくてはならないから。
                俳優のナレーションとしては正直地味に聞こえるかもしれないけど、言い換えると、それだけ舞台上がりの人にありがちなクセが無い。

                彼自身、演技ではあえて大きくやってるって言うぐらいの人なので、不思議でした。
                声だけになると、また違うんでしょうね。

                徳永さんの歌も大好きなので二重に良かったです。ファンからのリクエストライヴ・ベスト5ということで、ヒット曲満載でしたね♪
                「レイニー ブルー」「壊れかけのRadio」「最後の言い訳」「夢を信じて」「僕のそばに」
                そして、新曲で先日の『音楽の日』でも歌っていた「バトン」…。

                中居ヲタとしては、彼が好きな歌手でもあるので、どうしても連想しちゃうよね(^^ゞ
                中居も『夢がMORIMORI』のコンサートで「レイニー ブルー」を歌ってたし、ソロ曲「My Childhood Friend」(名曲!)のサブタイトルが「鏡の中のRadio」で、それも徳永さんを連想させる。

                あと、ライヴのリハーサルの時の映像で徳永さんがニット帽で黒縁眼鏡だったけど、似てたよ、中居に(笑)
                昔『うたばん』でも、
                「中居くんに間違えられたことがある」
                って言ってたし(^w^)
                色々落ち着いたら、また中居と絡んで欲しいな〜。音楽の日は残念ながら録画だったので。
                お体お大事に、いつまでも素敵な歌を届けて欲しいですね。

                全国放送で良いモノ見せて(聴かせて)もらえて嬉しかったです。耳に心地よい、素敵な時間でした(^-^)

                posted by: アセロラ | テレビ | 00:04 | comments(0) | - | - | - |